指数表の見方

■総合指数
これが各馬の総合評価の順位です。

■総合指数の標準偏差
総合指数のバラツキ度合を数値化したものです。
(未勝利戦は除いて)平均的な標準偏差は6?7程度です。
それよりも小さい場合は各馬の能力差が少ない混戦である可能性が高まる傾向があるので、指数下位の馬にもより注意を払って下さい。
なお、未勝利戦は「実際に能力差が大きい場合」や「経験が少なくまだ本来の力を発揮していない馬がいる場合」が多く、標準偏差は大きくなりがちですので注意して下さい。

■前走アガリ上位5
上がり指数の上位5頭です。
人気のない馬や総合指数が低い馬でもこの前走上がり指数が高い馬はよく馬券に絡みますので注意して下さい。

■詳細指数
(各馬の前5走指数)

[サンプル] ================
[サンプル]
================
Aメイショウサムソン
 58.0K 武豊 -05
父 :オペラハウス  25%
母父:ダンシングフ 0%
7週 2走
-[5前]東20芝稍-01--
 Lv+01CCハイ03前03
  4月休518K   
 * 19|   9|● 98
-[4前]東24芝良+01--
 Lv+02HC       
 中 3週518K   
   12|* 26|●102
-[3前]中25芝稍+06--
 Lv+03JJハイ05   
 中 3週520K+ 2
   19|  -5|▲ 88
-[2前]阪20芝良-02--
 Lv+02BB       
  3月休518K- 2
   14|  10|  87
-[前走]京32芝良-00--
 Lv-01EBハイ03前08
 中 3週514K- 4
   17|  14|●100


■騎手の横の数値は騎手の巧拙を表す騎手指数です。


■父馬と母父馬の当レース条件(芝・ダ、距離)における複勝率を出しています。


■今回のレース間隔と近3ヶ月以内の出走回数を出しています。

■過去5走の詳細データを3行に分けて出しています。

[1行目]
コース・馬場状態ですが、右端の数値は馬場指数です。 数字がプラスのときは時計がかかった馬場、マイナスのときは時計が速かった馬場を意味します。 数字が大きいほどそれらの度合いが大きかったことになります。


[2行目]
Lvのあとの数字は各レースの出走馬レベルを表す数値です。 プラスであればレベルの高いレース。マイナスはレベルが低いレースであったことを意味します。 なお、各クラスの平均レベルを基準にしています。つまり未勝利戦ならば未勝利戦の平均レベルをG1ならばG1の平均レベルを基準にしています。

次の○囲み数字は第3,第4コーナーでの通過順位です。

次のハイ・スロで始まる数値はレース全体のペース指数です。数値が大きいほどハイペースもしくはスローペースだったことを意味します。

次の前・後で始まる数値は当日の馬場が前有利だったか、後有利だったかを表す数値です。 数字が大きいほど前もしくは後ろが有利な馬場だったことを意味します。

[3行目]
レース出走間隔・馬体重・馬体重増減です。

[4行目]
左からペース指数・上がり指数・インジケータ指数です。
 インジケータ指数が最重要項目です。▲は優秀な指数につき、●は「かなり」優秀な指数につきます。

 ペース指数に*が付いている場合はスタートダッシュが優秀だったことを表します。
特にダート短距離で重要視して下さい。逆に、差し・追込馬なのにペース指数が高い場合は 展開に恵まれた可能性が高いので疑問視して下さい。

 上がり指数に*が付いている場合は終いの脚が優秀だったことを表します
(※これは超重要項目です)人気薄であっても、前走・前々走ぐらいまでの上がり指数に*が付いている馬には要注意です。
逆に、全体のインジケータ指数が高くても、ここに*が付かない馬は決め手不足の場合が多いです。 こういった馬は安定度が高いという事で人気になりやすい馬が多いが、盲信は危険です。 (安定しては走るが、勝ちきれない馬であるケースが多いです)
また、逃げ馬なのに上がり指数が高い場合は、展開に恵まれた可能性が高いので疑問視して下さい。


■注意事項(重要)
出馬表・出走馬の競走成績等は、必ず主催者発表のものと照合・確認して下さい。
特に、この指数表の成績欄には、以下のものは含まれていませんので注意して下さい。
「地方・海外競馬など中央競馬以外での成績」「障害レースでの成績」「落馬・取消等により入線しなかった馬の成績」
0.トップページ