このエントリーをはてなブックマークに追加
インジケータ作者の活用方法

【インジケータ管理人が重視していること(特にアナログ面)】


既に予想を確立している方には釈迦に説法で当たり前のことも多く恐縮ですが
特にアナログ面について、管理人が重視していることをまとめました。

※これが正解ではありません。もっと良い方法も当然あると思います。
 あくまでもインジケータ管理人個人が重視していることです。
 少しでも参考になることがあれば幸いと思います。


■ダートを中心に馬券を買う。特に1600m〜1800mの中距離を重視する。

 芝は展開や馬場状態によって馬本来の能力を発揮出来ないことも多いです。
 また、短距離はスタートダッシュだけで決まってしまう場合も多いです。

 それに比べて、ダート中距離は比較的馬本来の能力を発揮しやすいため
 ダート中距離を中心に馬券を買っています。

 なお、総合指数的に見てもダート中距離が最も成績が良いです。


■馬場状態の悪いときは、出来るだけ馬券を控える。

 芝ならばすべるような重馬場以上、ダートならば水が浮くような不良のときには
 馬本来の「運動能力」を発揮出来ません。
 さらに、騎手もいつもと違う騎乗をするので展開も読みづらいです。

 もしこの状態でも馬券を買う場合には、基礎的な能力よりも各馬の馬場適正を最重視しています。
 ただし、金額は抑えています。


■重視すべきアナログ要素は「展開」「馬場」「上積み(調子)」。

 通常は展開を最重視しています。

 馬場が「極端に」良い or 悪い場合には、馬場を最重視しています。

 経験の少ない馬は「上積み」を重視しています。


■展開読みを重視する。

 展開読みは、まず「逃げなければならない馬」を探しています。

 ずっと逃げている馬や逃げられなかったときには惨敗をしている馬は
 「逃げなければならない馬」だと思います。
 このタイプが2〜3頭いるときは、ハイペースの可能性が高いと思います。
 (そんなにはありません。)

 ただし、その馬の騎手がベテランの場合には、やりあうことも少なくなり
 ペースが落ち着くことの方が多いので、騎手にも注意しています。

 逃げ馬が多くても少頭数はスローになりやすいようです。(少頭数の方が展開読みは難しいです。)

  どの馬がハナを切って、その馬がそれに続いて という詳細な展開読みはしていません。
  (しても、その通りにならない方が多いので。)
  ペースが速いか遅いか平均かだけを考えています。

 また、最初のコーナーまでの距離が短いコース(小回りのダ1700や芝1800など)は
 ハイペースになりやすく、最初のコーナーまでの距離が長いコースは落ち着くことも多いです。

 展開がわからない場合は、「総体的には」スローの方が多いと見た方が良いようです。(芝は特に)

 選ぶ馬は、スローにならば先行馬・ハイペースならば差し馬 ということではなく
 スローにならばスローに強い馬・ハイペースならばハイペースに強い馬を選んでいます。
 どちらかわからない場合は、どちらにもある程度対応できる馬を選んでいます。
 (過去の指数のレースペース指数とそのときのその馬の指数を比較してます。)

 中途半端に終始外を回らせられるような馬(枠と脚質を加味)は敬遠するようにしています。
 終始外を回りそうな馬とは、外枠の好位・中段を進むような馬です。

 あと、マークされるであろう馬の位置取りも考えます。
 マークされる馬とは逆の脚質の馬が穴になることが多いと思います。


■上積みを重視する。

 過去の指数を見て、今回どれくらいの指数が見込めるか ということを考えます。

 例えば、指数表に出ている「近3ヶ月以内の出走回数」などを参考に
 これ以上の上積みがあるかどうか考えています。

 一概には言えませんが、一般的には回数が1〜2が上積みの可能性がある馬のようです。
 回数が4以上になるとほとんど上積みは見込めないことがほとんどです。

 体重が増加傾向で指数も上げている馬は成長している可能性が高いようです。

 高い指数を連続して出している馬でも体重が減ってきている馬や
 今回体重を減らした馬は調子を落し気味の可能性もあるため注意しています。

 条件変わりによる「上積み」も注意しています。

 特に多いパターンは

 「芝→ダート替わり」
  これは血統重視で良いようです(指数表の種牡馬別複勝率などを参考に)
 (「ダート→芝替わり」は「ソエが治った」などの理由がなければ基本的に厳しい)

  ちなみに短距離になるほど芝・ダートともにこなす馬が多く
  長距離ほど両方こなすことは難しいようです。

 「距離短縮」
 中距離くらいで先行する馬で掲示板に載るかどうかくらいのレースをしている馬は
 短距離で変わることが多いようです。
 折り合いに難があって先行している馬は特に狙い目だと思います。

 「休み明け」
 休んで馬が変わったケースです。
 ただし、これは見抜くのは難しくここまで考えると予想が難しくなってしまいますが・・・

 パドックは出来るだけ見た方が良いと思っています。
 (専門的な知識は全くありませんが
  個人的には「目」と「馬体のハリ」を中心に見るのが良さそうだとは思っています。)


■当日の馬場状態を重視する。

 いくら力がある差し馬でも、当日の馬場が全く差せない馬場のときには
 かなりのハイペースにならなければまず届きません。

 当日のレースを見て、4コーナーで外をまわった馬が何着くらいに来ているかをチェックしています。
 上位にきても、せいぜい3〜4着あたりならば、内や前を重視した方が良いと思います。
 (ただし、展開にも依存するので、1つのレースで「断定」しないことが大事だと思います。)


■勝つのはどれか? という予想から始める。

 複勝を買うにしても、出来るだけ勝つと思う馬を軸にするようにしています。
 (3着ならあるのでは? という馬では複勝は極力買わないようにしています。
  往々にして4、5着になることが多いので。)

 勝つ馬というのは、展開・上積み(調子)・馬場適正・距離短縮・騎手 などの
 諸条件がいくつか重なった馬だと思います。

 過去の指数が安定して高く、着順的にも2〜4着あたりを繰り返している馬は
 安定しているだけで勝ちきれない馬が多いです。
 これは人気になりがちですが、単では狙いづらい馬だと思います。

 圧倒的な能力差がある馬や、今回の諸条件にはまって「爆発」しそうな馬を探しています。

  圧倒的な能力差がある馬は◎を打てる馬。(ほとんどが人気馬)
  「爆発しそうな馬」は▲を打つ馬(▲は3番目ではなく)
  安定している馬が○。
  勝ちはないが2着〜3着ならばという馬が△
  大穴で3着あたりに突っ込んできそうな馬が× などのように
  印の意味を明確にして予想をしています。

 勝ち馬候補が2頭いて、どっちを取ればよいかわからないレースは
 結果的にその2頭の馬連を買うのが良いことが個人的には多いです。

 勝ち馬候補だらけ や 勝ち馬候補が見つからないレースは手を出さないのが無難だと思います。


■前走のパフォーマンスなどから馬に対する固定概念を持ちすぎない。

 ついつい、馬に対する固定概念を持ってしまいますが、相当な能力差がある馬でない限り
 馬の体調・精神面・コース・距離・馬場状態・ペース・枠・騎手(の心理)・気候などの諸条件が違えば
 同じようなパフォーマンスを出来ない方が普通だと思います。

 あくまでも、「今回の諸条件」に合っていそうな馬を探すようにしています。


■上がり指数を重視する。

 勝ちきる馬や激走する馬は前走の上がり指数が良いことが多いようです。

 前走の上がり指数が良い馬で、まだ上積みが見込めそうな馬は調子を上げている可能性が高いです。
 上がり指数は芝では特に重視しています。(前走上がり上位馬だけで決まることも多いです。)

 ただし、馬場が悪いときや、逆に極端に馬場が良いときは上がり指数はあまり重視しない方が良いようです。

 なお、ダートの1000mはスタートダッシュが要なので逆にペース指数を重視しています。
 (ただし、ダート1000mはギャンブル要素が高いので手を出さないのが無難だと思っています。)


■騎手指数を見る

 騎手指数が低い騎手はやはりあまり信頼できない場合が多いようです。
 特に人気馬の場合には、騎手指数が低い騎手は信頼度が落ちるようです。

 世間一般の評価よりも客観的評価の騎手指数の方が信頼出来ると思っています。


■基本的には単が一番効率が良い。掛け金やオッズによっては複も良い。

 三連単などギャンブル性の高い馬券は、逆に2〜3点に絞って
 当たったらラッキー的に買うのが良いと考えています。(少点数で当たったら大きい!)

 三連単などを中心に買うと、1日まったく当たらないことも十分にあり資金が回りません。
 どんな良い予想理論であっても当たる前に資金切れになる可能性も高いと思います。

 単勝的中率は平均的な予想で20%から25%程度だと思います。

 25%としても、8回連続して外す確率は10%もあります。
 単勝でもこのくらいの波があるので、よほどの資金がない限りは
 的中率も勘案した予想・馬券で資金を回すことも重要だと思っています。

 資金が少ないほど単複の方が良いと思います。

■当たらない馬券を極力少なく。

 例えば馬連3点買いをすると、少なくとも2点は外れ馬券になることが確定しています。(同着除く)
 この2点への投資分はもったいないと考えています。

 もちろん、その余分な馬券は「押さえ」の意味もありますが
 出来るだけ外れることが確定している馬券は買わないようにしたいと思っています。
 (現実的には理想論ですが)

 複数の券種を買う場合には、例えばA馬の単勝 と AーB の馬連1点などのように買っています。
 単勝勝負なら 馬連は押さえになり得ますし、馬連勝負なら単勝は押さえになり得ます。
 そして、両方当たれば大きく勝つことが出来ます。

 このように出来るだけ無駄が出ないように買うのが理想的だと思っています。


■アナログ的な要素も加味して予想してもわからないレースは買わないのが無難だと思います。

 買わなければ回収率100%。そのレースは買わずに回収率100%にするのが一番だと思います。


■前日(前週)買った次の日は荒っぽい買い方になりやすいので注意です。
 逆に、負けているときほど当てに行くようにしています。

 それまでの勝ち額・負債は忘れて、常にゼロからスタートするよう心がけています。


■集中力を持って予想できているかどうかを意識するようにしています。
 集中力がないと自覚したら、休むか止めます。

 また、ある程度のプラスを確保したら、止める もしくは その後のレースは少額で遊ぶことも
 大事だと思います。

 集中力はそれほど長く続かないと思います。


■負けを認める
 当日、負けているときには、この後のレースの指数表を客観的に見ます。
 その中に勝負出来そうなレースがないときには「今日は負け」ということを認めるようにしています。

 そう思ったときには、明日以降の「トータル回収率」を考えて
 絶対にくると思える馬の複勝などを買い、少しでも負けを減らすことに集中します。
 (それにも集中出来ないようであれば、「頑張って」その日は止めます。)


自分に言い聞かせている部分も多いですが(^^;) もし、何かの参考になれば光栄です。

長々と大変失礼しました。m(_ _)m

当サイト内やリンク先の情報を元にして生じた被害・損失等について当方は一切の責任を負いません。
当サイト内の情報の無断転載・複写を禁じます。全ての著作権は競馬インジケータに帰属します。

特定商取引に基づく表記 | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ

Copyright © Keiba Indicator all rights reserved.  ▲このページの先頭へ